看板一つで変わる飲食店の客数

看板というのは昔から店の顔という風に位置づけられてきました。昔の道場などでは道場破りがそれを持っていってしまうなんていうこともあったようですが、そこから考えてもそこの経営者の顔の代わりといってもいいくらいの存在だと言えます。飲食店の看板に対してもこのことは当てはまり、客がそこから読み取る店のイメージやオーナーのイメージが変化することも多いのです。薄汚れた看板を掲げているような店では客は入りたいとは感じないでしょうし、そこから感じるオーナーや社員へのイメージの決して良いものだとは言えないでしょう。だからこそ甘く見ないで美しい状態に保たれているか、手入れが普段からなされているかを確認してみることが大切です。もしも客の入りが悪い経営不振の状況が続いているというのならば、ちょっとイメージを変えてみるのもいいかもしれませんよ。

看板一つで変わる飲食店の客数

飲食店の看板は美味しそうに見せるのがコツ

人間は視覚・嗅覚・味覚から入ってきた情報によって食べ物の善し悪しを判断します。最近ではこれに加えて聴覚や触覚も美味しさを喚起するときには気をつけたい要素だと言われています。焼き肉屋ならばジュージューという肉の焼ける音や、とろっとした肉の舌触りなことですね。飲食店では嗅覚や味覚の研究はなされているでしょうが、視覚への影響も考えているでしょうか?視覚へ与える影響としては客に出す料理の色や盛りつけによるところが大きいかと思いますが、店のインテリアである壁紙や看板にも注意を喚起する必要があります。たかが壁紙、たかが看板ではないのです。ホームページを作っている店ならば店のイメージに大きく関わるところですし、もしあまり食欲を喚起しないようなデザインや色彩ならば機会損失の可能性もでてきます。客の食欲を高めるためにも力を入れたいところですね。

飲食店の経営にはまずは目印と宣伝になる看板を

飲食店を経営することが決まったら立地や仕入れやマーケティングやら考えることは山ほどあります。一つ一つ大事なこと考えるのに時間を使い、うっかり忘れがちになることが看板です。店を構える上での飲食店の外観の中心的役割を担う大切な存在は絶対に忘れないようにすべきです。お客さんがお酒を飲もうと丁度良い店を探し回っているときに看板は目印となります。印象に残るデザインの看板ほど記憶にも残り、ついふらっと立ち寄ることも珍しくないです。どのようなデザインにすべきかは人間の心理面やら求める顧客層やその地域の特色からよくマーケティングをして、確実にお客さんへの宣伝になるような代物にすることです。飲食店らしからぬ悪い意味で派手なデザインだと逆に立ち寄りにくい雰囲気を醸し出してしまい、結果来客数も疎らとなるので、くれぐれも目立つ派手なデザインが素晴らしいと勘違いはしないように注意をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*