飲食店にとって、看板の良し悪しは非常に重要です。

私のような飲食店経営者にとって、看板の良し悪しというのは来店客数の増減に非常に大きな影響を与える物だと日々実感させられているので、ずっと同じ物を掲げているだけでなく定期的なリニューアルというのが必要不可欠だったりします。また最近は印刷技術が非常に進歩しているおかげで、以前のように店名などが書かれた文字だけの看板というのはむしろ少数派になってきており、いかに見た目のインパクトがある物を取り付けるかという競争が結構激化してきているなと感じます。ちなみに現在私の店で掲げている看板というのは、人間の目の錯覚を利用してメニューが飛び出しているように見える物なんですよ。以前は平べっちゃいメニューが描かれたオーソドックスな物を使っていたのですが、現在の物に変えて以来売り上げが以前よりも3割程アップしたので、本当にリニューアルして良かったです。

飲食店にとって、看板の良し悪しは非常に重要です。

飲食店の看板はコンセプト色を入れる

個人的な飲食店であっても、世界各国に支店のあるような大きな飲食店であっても、看板というのは大きな役割を果たすものです。人間というのは第一印象に左右される生き物ですから、ぱっと見てその店のイメージを植え付ける役目をもつ看板というのは馬鹿にできない存在なのです。たとえばヘルシーを売りにしている店ならば緑系の色彩を取り入れた方が野菜などに結びつけるイメージを喚起しやすいものです。プロっぽい感じの店にみせたいのならば思い切って黒と金色など斬新な感じであつらえてみてもいいかもしれません。ファストフード店などでは客の回りを速くするために、わざと赤や黄色を使って落ち着かない心理にさせることもあるようです。また、赤や黄色には食欲を湧かせる効果もあると言われています。看板の色彩が持つ効果、意識していなかったという人は考え直してみてもいいかもしれませんね。

飲食店の看板デザインを考えよう

飲食店を始めるに辺り、一番大切な物と言えば看板です。お店の顔とも言うべき物になるので妥協のない、拘りのある物を考えましょう。漠然とカッコイイのがいい、可愛らしいのがいいではなく、何処に、どのように置くのが大事です。いくらお店の内装を豪華にしても看板がチープなものだと周りの方にあまりいい印象は与えません。逆の事も言えます。また拘ったデザインにしたばかりに何が書いてあるかわからない、と言うのもあまり印象に残りません。この場合色使いがとても重要になってきます。立地条件の問題で大きな物は作れないと言う方は色合いを考えてハッキリとした文字で大きく見せることを考えましょう。実際に周りを歩いてみてどのように見えるのかをリサーチしておくといいでしょう。チラシと違い看板はずっと残っていく物です。作る時はしっかりとお店に掛かるイメージを付けておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*